モデルハウス購入で失敗しないコツとは?相場や購入の流れなどの基礎知識も解説します!

こちらのサイトでは、モデルハウス購入にあたって失敗しないように気を付けておくべき点を紹介しています。
事前に確認しておくこと、また相場や購入までの流れや販売されている棟をどのようにして見つけるのかなどを詳しくまとめています。
夢のマイホームとそこでの暮らしを想像しやすいうえ、新築と比べてお値段的にも購入しやすくなっているので、焦って購入してしまいがちですが、人生でほとんどの人が一度しか購入しないものなので、良く考えましょう。

モデルハウス購入で失敗しないコツとは?相場や購入の流れなどの基礎知識も解説します!

モデルハウスは大きく分けて2種類あり、建売販売の際に見学をするための棟と、巨大な住宅展示場にあるものを解体して再構築するものがあります。
前者は建売住宅として後々販売するために建てられているので、同じ場所の新築よりも割引が大きく、新築の建売と同じ流れで購入します。
後者は多くの場合が抽選制で、当選した人が契約できる権利を持ちます。
解体して使用していた木材などを流用することになるので、間取りなどを決めるのは注文住宅と同じような流れになります。
モデルハウス購入で失敗しないために、2つの違いをしっかり理解しておきましょう。

モデルハウスを購入するメリットとは?

モデルハウスを購入するメリットは、いくつもあります。
まず、建設されてから1年ほどは見本用として使われますが1年経過すると販売開始されるようになるので、通常の注文住宅よりも安い価格で購入できるようになります。
また、公開期間が過ぎても売れ残っている場合は、値引き交渉に応じて下さる事も多くさらにお得になるでしょう。
さらにモデルハウスは予め見本用物件の中に、最新の住宅設備が組み込まれていることが多く、エアコンや冷蔵庫などの家電だけではなく、カーテンなども込みで販売されていることもありますので、インテリアなどもそのまま住むことができるというのもメリットと言えます。
当然のことながら建売住宅のようにすでに完成している物件ですから、間取りなどのイメージがつきやすいというのも大きな魅力となっています。
引越しや入居も非常にスムーズに早く入居が可能ですので、早く入居したいと考えられている方にもたいへんおすすめです。

モデルハウスは格安で購入できる?相場はどれくらい?

住宅を買うときにできるだけ安値で買いたいと考えている人は多いと考えられますが、モデルハウスを購入の候補も入れると格安で買える可能性が高いです。
モデルハウスは基本的に不特定多数の人が中に入っているので、仮に他の人がたくさん入っているような住宅を買うのに抵抗がある場合は新築を買うのが大切になります。
ただ賃貸や中古物件に住んだことがある人であれば、似たような状態の住まいにすでに住んでいるので、とくに問題なく生活をすることができる筈です。
モデルハウスは相場よりも格安で買うことができますから、買いたい希望を持っている人はたくさん存在します。
そのため人気が高いのでモデルハウスを買いたい場合は、抽選になることが多いです。
抽選になると当選しないと購入する権利を得ることができませんから、何回も挑戦をしないといけません。
運がいい人であれば一度の挑戦で買えるケースもあるので、相場より安く素敵な自宅を手に入れることができる筈です。

モデルハウスの値引き交渉を行う際のコツ

モデルハウスは、同じ条件の住宅よりも安く購入できるという魅力がありますが、一般的な戸建て住宅と比べて値引きしてもらえる可能性が高いというメリットもあります。
ハウスメーカーなどの住宅会社にとって、役割を終えたモデルハウスは固定資産税などの維持費が発生するだけのものとなってしまうので、住宅会社は可能な限り早く手放したいと考えています。
加えて、いつまでも売れ残っていると自社に対するイメージ低下にもつながる恐れがあるので、特に展示期間が終わっても中々売れない住宅は値引き交渉に応じてもらいやすくなります。
また、値引き交渉する際は、傷や汚れを交渉の材料にするのがコツです。
モデルハウスには数多くの見学者が訪れるので、どうしても傷や汚れが生じてしまいます。
そのため、モデルハウスを購入する際は担当者と一緒に傷や汚れの程度を確認することが重要ですが、チェックした傷や汚れをもとに交渉に臨めば値引きしてもらえる可能性が高まります。

モデルハウス購入の競争率はどれくらい?

モデルハウスの中には、一定期間の展示後に一般向けに販売されるものがありますが、この競争率はどれくらいなのでしょうか。
もちろんそのモデルハウスの住宅メーカーや立地条件、間取りや何よりも価格相場に左右されることは間違いないでしょうが、率直に言うとびっくりする数字になっているのが普通です。
どの程度かというと、1%以下が当たり前で、宝くじ並みというと言い過ぎかもしれませんが、当たることはほぼ期待できないと考えて良い数字になります。
どうしてこのようなことになるかというと、その主な理由は当然ながら価格です。
その周辺の平均的な住宅と比較して7割とか8割といった価格水準であれば、まあそんなところか、大勢の人が見学した物件でもあるからと思うかもしれませんが、1割とか2割といった値段がごく当たり前になっています。
これでは申し込みが殺到しないほうが何か変というもので、もしかしたら見学に訪れた人の全てが応募しているくらいのイメージかもしれません。

著者:森永翔太

筆者プロフィール

静岡県菊川市生まれ。大学卒業後地元のハウスメーカーに就職。モデルハウスに関する情報を発信しています。
菊川市 モデルハウス